借金相談あおぞら司法書士事務所

                           
借金相談お気軽に相談無料
借金相談、債務整理

1借金が多額で、利息を払えない方の借金相談

2借金の返済を軽くしたい方の借金相談

3借金を何度も払いたくない方の借金相談

4借金の返済をまとめたい方の借金相談

5借金の取り立てをストップしたい方の借金相談

  被害者交流

1自立支援

借金問題は、借金を清算すればそれで根本的な問題が解決されるわけではありません。
われわれ<あおぞら>は、他の事務所と異なり、借金問題解決後の自立をサポートいたします。

2被害者交流

同じように借金で悩んでいた方々との交流の場を提供し、お互いを見つめ、自立とより良い人生を歩むための場を提供します。
貴方の心に<あおぞら>を取り戻すことを、事務所の方針として、貴方のよりよい人生へのチャンスを提供致します。
借金相談事例
 3年間お金を5社からクレジットカードで借りていたが、支払いがおくれたことはなか った。ある時病気になったため、返済ができなくなってしまった。自宅や職場に借金の支払 い催促の電話がかかって困っているとの事案で、過剰な利息を払い続けていたので、クレジ ットカード会社との交渉し借金の過払い金がでていたため、業者に返還を求めると共に、取立 て行為をやめさせ、一ヶ月ですべての借金問題が解決


                            
早速、私どもにご相談ください。お困りの借金についてお話をしましょう。その後、ご納得のうえで借金の解決をご依頼いただけたら、以後は私どもがお客様の代わりとなって、借金の返済に関する全ての手続をお引き受けします。お困りだった借金の取り立ても、すぐ止めてみせますよ。
借金の利息については、利息制限法に従わなければなりません。その法律では、借金の元本が10万円未満の場合、その利率は一年で20%を超えることができません。同じように、借金の元本が10万円以上100万円未満の場合は一年で18%を超えることができず、借金の元本が100万円以上の場合は一年で15%を超えてはいけません。 ところが、ほとんどの借金には、消費者金融業者によって法律に違反するほどの非常に高い利率が定められています。そのため、借金の返済のほとんどは、この違法な利息の支払いに当てられてしまいます。結果として、本当は返さなくていいほどの借金の利息を気前よく返済し続けていたり、実はとっくに返し終わっている借金の利息まで、お人好しにも支払っていることもあるのです。そんなこととは思いもよらずに。
借金でお困りのかたのほとんどは、抱えている借金が、現在の額よりぐんと少なくなります。
おまけに、これまで返済した借金のいくらかが返ってくることまであります。
ご安心ください。減少したあとの借金の返済は、私どもが行います。といっても、ご自分の借金をご自分で返済していただくことに変わりはありません。お客様には、借金の返済のためのお金を、毎月少しずつ私どもの口座に振り込んでもらいます。それからの借金の返済のお手続きを、私どもが一括して行うということになります。
その際のメリットは2つあります。  
@ 借金の返済先がいくつもあったとしても、以後は私どもが唯一の窓口となるため、消費者金融業者と直接関わらずにすむ   
Aその後の借金の返済には利息がいっさいかからないので、着実に借金が減ってゆく  というわけです。いかがでしょうか。
そんなことはありません。人にはおのおの異なった事情がありますよね。ですから、お客様のされた借金について、私どもが厚かましく口を挟む権利はないと思っています。お客様が借金をされたという事実は、私どもにとって少しも重要ではありません。私どもにとって重要なことは、借金の問題を何とかして解決したいと願うお客様の強い気持ちなのです。お客様のそんな大切な気持ちに敬意を払い、その気持ちを形にするためのお手伝いをさせていただくのが私ども専門家の仕事です。   たいていの専門家は、偉そうにしたり、威張りくさったりなどしません。なかでも、私どもの事務所の人間は、非常に気さくな専門家としてご近所でも評判なのです(笑)。
このように申し上げることができるかもしれませんね。借金の問題の解決ができる人とは、自分の弱さを認めるだけの強さを持てる人であるということ。自分の臆病さに向き合うことのできる勇敢さを持てる人であるということ。とはいえ、なにもそれは、選ばれた人にしかできないような難しいことではないのです。   人は誰でも、自分に都合の悪いことからは目を背けてしまうものですよね。謝らなければいけないと思っているのに素直に謝らなかったり、心が痛むほど反省をすべきなのにおちゃらけて半端に反省をしたり、それに、面倒くさいことを後回しにすることだって同じです。それを人は「弱さ」とか「臆病さ」とは認めずに、「負けず嫌い」とか「楽観的」とか「不精」などという言葉でごまかしているように思えます。そういう自分を「弱く」て「臆病」なのだと素直に認められる人は、反対に、実はとても強くて勇敢な人なのではないでしょうか。   借金の解決とは、まさしくこれまでの自分の「弱さ」や「臆病さ」に向き合うことから始まるのです。だって、考えてみてください。もしも専門家に借金の解決を依頼すれば、自分の抱えている借金の問題がいま現在よりは必ず楽になるのです。決して、いまより悪くはならないのです。いまより良くしかならないのです。それでもなかなか第一歩が踏み出せないかたが多くいらっしゃるということは、やはりみなさんご自分の「弱さ」や「臆病さ」を認めることに苦労なさっているということではないでしょうか。   ですから、借金の問題を解決することはやはり簡単ではありません。ですが、きっと、どなたにでもできることです。そして、それはとても勇気のある行動なのです。
確かに、できないことはありません。ただ、相手もその道のプロなのです。そんな者達を相手に渡り合うことはそう簡単ではありません。それに、長きにわたる戦いを耐え抜くには相当な気力が必要です。もちろん、私どもはそのように希望されるかたをできる限り応援いたします。 ぜひ知っておいていただきたいのですが、私どもは、借金でお困りのかたからは相談料をいっさいいただいておりません。ですから、まずは、私どもの事務所まで足を運んでいただけないでしょうか。そこでお話をさせていただき、もしもやはり私どもにご依頼をされたいということになりましたら、「分割払い」という方法もご用意をいたします。 それでも、なかには「分割払いでも苦しいよ」とお考えのかたもいらっしゃるかもしれません。ですが、たとえお金がないときでも、月々の借金の返済はきちんとしなければなりませんよね。私どもにお任せいただければ、私どもへの「分割払い」を含めても、月々の返済はいまより確実に少なくなるのです。そればかりか、その「分割払い」の期間も、そう長い期間ではありません。場合によっては、私たちに費用を支払ってもお釣りが出るほどお金が返ってくることさえあるのですから。 お困りだった借金の問題が解決できたら、いまこうして思い悩んでいたことなど嘘のように思えて笑ってしまいますよ。そんなお客様の笑顔が見たいので、「あおぞら法務司法書士事務所」は本日も皆様をお待ちしております。
借金返済 「借金返せ」「借金返せ」という取立てに悩まされ困っています。「借金の返済どうしよう。
借金、借金、借金…」とそればかり考えてしまい、何事にも身が入りません。どうしたらよいのですか。
借金の返済しすぎ 私のように借金に困っている人たちの中には、本当は借金を返済しすぎている人が多いと聞きました。
なぜ、借金を返済しすぎている、なんていうことが起こるのでしょうか。
借金解決 借金解決の依頼をして、正しい借金の計算をしてもらった場合、
どのような良いことがあるのでしょうか。
借金減額 借金を減らしてもらったあと、それでもまだ借金が残っている場合、
結局以前と同じように自分で返済をしなくてはいけないのでしょうか。
借金解決をお願いするとしても、専門家の人は偉そうだし、威張りくさっている
イメージがあるので心配です。怖い顔でお説教などされないでしょうか。
借金の解決 今までの借金の解決の話はややこしそうで、自分にはとてもできそうにありません。
借金の解決を依頼して、みごと借金の生活から脱出できる人とは一体どんなタイプの人なのですか。
借金の解決をお願いしようにも、依頼をするためのお金がありません。
専門家に頼まずに、自分で消費者金融業者と話し合って解決することはできるでしょうか。

リンク1
ページランク